撮影エピソード

地域の親子DUO「紙芝居屋 ゆうことぴっぴ」をご存知ですか?

神奈川県川崎市【武蔵小杉】を中心に出張撮影サービスを提供している「ふぉとカフェ sumika」の運営者、市川 毅です。

あなたは、神奈川県川崎市が「音楽のまち・かわさき」と言われているのをご存知ですか?

「音楽のまち・かわさき」は音楽を中心とした多様な市民の多彩な文化、芸術活動の創造を通じた、活力とうるおいのある地域社会づくりをめざしているんです!

そんな川崎から、小さな小さな“親子DUO”が生まれようとしています。

その名も「紙芝居屋 ゆうことぴっぴ」

今回は、この「紙芝居屋 ゆうことぴっぴ」からチラシ用プロフィール写真のご依頼をいただき撮影に行ってきました!

さて、どのような親子だったのでしょうか?😊

撮影で子育て支援をしています

撮影による収益金の一部は、子育て支援として寄付しています。(寄付先:NPO法人フローレンス)
カメラ📸を通し、より良い子育て社会になるために、皆さまから頂いた収益金の一部で支援します。
あなたも一緒に、支援の輪に加わりませんか?
>>撮影による子育て支援について、詳しくはこちらへ

アコーディオンと紙芝居の親子撮影

「紙芝居屋 ゆうことぴっぴ」は、アコーディオンや紙芝居を披露してくれる2人組(DUO)の可愛らしい親子なんです。

お子様は、まだ小学校1年生の可愛らしい女の子!

ママのアコーディオンに乗って可愛らしく踊る姿に、つい微笑んでしまいます🤗

紙芝居は、娘さんが描いたもので、ストーリーも作っているとか?

今回の撮影は「紙芝居屋 ゆうことぴっぴ」のチラシ用プロフィール写真ということで、この親子DUOを可愛らしく表現してみました。

少しだけ、そのプロフィール写真の一部をご紹介させていただきますね。

「コスギアート ラ・ファブリカ」に登場!ご期待ください

“音楽のまち・かわさき”の川崎市中原区では、2019年から「コスギアート ラ・ファブリカ」という、ワークショップ形式の参加型アートフェスを開催しています。

この「コスギアート ラ・ファブリカ」は、ミュージカル、楽器演奏、紙芝居ダンスなどのステージパフォーマンス、ワークショップをお楽しみいただけるイベントなんです。

そうなんです!

楽器演奏、紙芝居として「紙芝居屋 ゆうことぴっぴ」が登場してくれます🤗

是非、皆さんにも、この2人組DUO「紙芝居屋 ゆうことぴっぴ」の活躍を間近でご観覧いただければ嬉しいです!

「紙芝居屋 ゆうことぴっぴ」よりメッセージ

私たちはアマチュアの紙芝居屋です。イベント出演が決まり、プロフィール写真が必要になったので市川さんにお願いすることにしました。
市川さんは事前に仕上がりのイメージを聞いてくださったり、当日もポーズや細かな立ち位置などたくさんの提案をしてくれました。
おかげで、自分たちでは絶対に撮れないような素敵なプロフィール写真ができあがりました。
ここぞ!というときの写真は、やはりプロに撮ってもらうのがオススメです!

お問い合わせはFacebookより
https://m.facebook.com/yuko.tsutsui0605/

撮影で子育て支援をしています

撮影による収益金の一部は、子育て支援として寄付しています。(寄付先:NPO法人フローレンス)
カメラ📸を通し、より良い子育て社会になるために、皆さまから頂いた収益金の一部で支援します。
あなたも一緒に、支援の輪に加わりませんか?
>>撮影による子育て支援について、詳しくはこちらへ




-撮影エピソード

Copyright© 神奈川県川崎市・武蔵小杉の出張撮影「ふぉとカフェ sumika」 , 2020 All Rights Reserved.