写真de地域応援

【写真de地域応援〜お店編】路地裏の「BJcafe」名前の由来は?

神奈川県川崎市【武蔵小杉】を中心に出張撮影サービスを提供している「ふぉとカフェ sumika」の運営者、市川 毅です。

コロナ禍で、街を歩いても、どこか元気のない地域。

そんな地域を写真で少しでも元気にしたく、出張カメラマンとして、この地域にある色々なお店にフォーカスし、ご紹介していく企画を思いつきました!

題して!【写真de地域応援〜お店編】を、リレー形式で開催します🤗

※本企画はお店と人物にフォーカスしてご紹介します。

今回ご紹介する地域のお店は『BJcafe(ビージェイカフェ)』です。

さて、BJcafeさんは、どんな一面を私のカメラ📸に見せてくれるのでしょうか?

 

【チャリティー】撮影無料モニターキャンペーン

子育て支援として収益金の一部を寄付するためのキャンペーンとして、「撮影無料モニターキャンペーン」を企画しました。子育て支援へのキッカケは、出張撮影を通し、様々なご家族と出会い、改めて子育て事情について深く考えるようになったから・・・
>>撮影無料モニターキャンペーンの詳細案内は、こちらへ

BJcafeの「BJ」って、どう言う意味?(地域トリビア)

BJcafeに撮影で訪れ、私が、マスターに最初に質問したのが・・・

「ところで、『BJ』って、なんの略なんですか?」

おそらく、この質問、よく聞かれるのか、マスターである阿部さんは、ニヤリと笑った😎!

マスター(阿部さん):なんだと思います?実は何かの頭文字ではないんです!

そう言うと、マスター(阿部さん)はペンと紙を取り出し、何やら書き始めたのです。

マスター(阿部さん):ある日、「阿部」の『阿』にBJが見えたんですよ〜

なんと!マスターに聞かないと、絶対に分からない地域のトリビアネタじゃん!😅

なんともユニークなマスターに、色々と伺いたくなったのは言うまでもありません。

もうひとつのトリビア

店内に、それとなくアコースティックギターが置いてあります。間違ってもマスターに「何か弾いて!」とお願いしてはいけません。なぜなら、阿部さんは最近始められて練習中とのこと😅
数ヶ月後に再度お願いしてみましょう!マスターの生演奏が楽しめるBJcafeになっているかもしれませんね❤️

 

BJcafeの阿部さんは、この道35年のシェフだった!

実は、このユニークなマスターは、この道35年のシェフであったことが判明!

とは言っても、独立しお店を持ったマスターとしては、イタリアンに限らず、フランス料理や和食、アジア料理も含め 美味しいものは幅広く提供しているとのこと。

阿部さんの奥様曰く・・・、

「主人はどこの料理も上手なんですよ😊❣️、だから、主人の料理の腕を知っている常連さんは、定期的に夫のフルコースを楽しみにしてくれているお客様も多勢いらっしゃるんです」

ちなみに常連さんが楽しみにしてくれているフルコースメニューなんですが・・・、

お客様のお好みやシチュエーション、ご予算を聞いてシェフのお任せでご準備させていただきます。

なので フルコースのメニュー表はなく、当日まで何が出てくる分からないスペシャルメニューなんです。

でも、マスターは、普段いらっしゃるときの会話などでお好みを把握してメニューを組み立てているらしいですよ😊

 

BJcafeは、武蔵小杉の成長と共に

BJcafeのオープンは2008年!

この2008年と言えば、武蔵小杉のタワーマンション群(第1期)が完成し、いよいよ入居が開始された年でもあります。

ちなみに、私の娘も2008年生まれなので、BJcafeも人だったら、今年(2020年)で中学1年生といったところ😅

↑これはグランツリー着工の様子

再開発地域でもあった武蔵小杉は、当時、立ち退きラッシュでもあったため、お隣の新丸子エリアの方が、出店しやすかったとのことでした。

武蔵小杉に比べ、BJcafeのように、地域に根付いたお店が、新丸子に数多くあるのは、そんな歴史があったのですね。

あれから12年、街の様子を見てきたBJこと阿部さんは、この街の人の変化も見てきたと言う

このお店(BJcafe)は、1人で来店されるお客様が多いんですよ・・・

そして、「彼女ができたので!」と2人連れに変わり・・・

そして、「私たち結婚しました」と家族に変わる。

1人から家族へ、BJcafeから定点観測をしていると、街も成長しているように見えるんですよね〜

 

BJcafeの阿部さんより

BJ cafeに飾ってある素敵な小物たちは、沢山のお客様の好きな物たちです。
練習中のギターもお客様からいただきました。
時にはイタリアン!時にはビストロ やバル使い。また カフェらしく、手作りのおやつとコーヒーで、おもいおもいの大好きな時間をお過ごしくださいね🤗

地域に根付いた、路地裏にある「BJcafe」、あなたも訪れてみたくなりましたか?

街散歩のついでに、是非訪れてみてくださいね!

そして、訪れた際は、マスターに聞いてください!

「BJcafe」の名前の由来はなんですか?

色々な地域のお話が聞けるかもしれませんよ。

今回ご紹介したBJこと阿部さんが経営されるBJcafeは新丸子駅から徒歩2分にあります。元イタリア料理シェフでもある阿部さんのイタリアン!是非ご堪能ください🤗
神奈川県川崎市中原区丸子通1-640 ブライトコーポ1F
ご予約・お問い合わせ:044-767-2396
Facebookページ:https://www.facebook.com/profile.php?id=100012039648627
インスタグラム:https://www.instagram.com/aya_bjcafe/

【チャリティー】撮影無料モニターキャンペーン

子育て支援として収益金の一部を寄付するためのキャンペーンとして、「撮影無料モニターキャンペーン」を企画しました。子育て支援へのキッカケは、出張撮影を通し、様々なご家族と出会い、改めて子育て事情について深く考えるようになったから・・・
>>撮影無料モニターキャンペーンの詳細案内は、こちらへ

今回撮影に使用したレンズ紹介

次回の「写真de地域応援〜お店編」は?

写真で地域を元気にする本企画「写真de地域応援〜お店編」、続いてご紹介するのは、コスギカレーの奥村さんからのご紹介で、シバコーヒーの柴田さんです。

柴田さんが考える地域感など、色々とお聞きしようと思います

※※※※※※※※※※※※※※※
神奈川県川崎市【武蔵小杉】の出張撮影
ふぉとカフェ sumika
代表:市川 毅
①公式LINEアカウント:@434svrsv
②Facebookページ:https://www.facebook.com/photocafesumika/
③GMAIL:photo.cafe.sumika@gmail.com
④インスタ:https://www.instagram.com/sumika.kawasaki/
※※※※※※※※※※※※※※※

 




-写真de地域応援

Copyright© 神奈川県川崎市・武蔵小杉の出張撮影「ふぉとカフェ sumika」 , 2020 All Rights Reserved.