撮影アイデア

【必見】家族写真をセルフタイマーで自撮りする3つの方法

神奈川県川崎市【武蔵小杉】を中心に出張撮影サービスを提供している「ふぉとカフェ sumika」の運営者、TSUYOSHIです。

あなたは、家族写真をセルフタイマーで、うまく自撮りする方法がないのか?悩まれていますね?

なぜなら、あなたが撮影していては、家族全員が揃ったお写真は撮れないからですよね?

そこで今回は、最近のカメラの新機能の含め、家族写真をセルフタイマーで、うまく自撮りできる方法を3つ紹介します。

この記事を参考にすることで、今までとは、ひと味、違った家族写真を残すことができるでしょう?

500円チャリティー撮影キャンペーン

子育て支援として収益金の一部を寄付するためのキャンペーンとして、「500円チャリティーモニター撮影キャンペーン」を企画しました。子育て支援へのキッカケは、出張撮影を通し、様々なご家族と出会い、改めて子育て事情について深く考えるようになったから・・・
>>500円チャリティー撮影の詳細案内は、こちらへ

①新セルフタイマー「インターバルタイマー撮影」で家族写真を自撮りする

あなたは、こんな月食の写真を見たことはないですか?

これは月食の様子を、1枚の写真にわかり易く表現したものです。

本来、月食は時間をかけて欠けていくのですが、それを1枚の写真に、うまく表現したものになります。

この機能のことを「インターバルタイマー撮影」と言います。

今回、例として挙げさせていただいた月食の写真は、複数枚の写真を合成していて、本来は別々の写真なんです。

あなたのカメラの設定に、こんな表記があったら、インターバルタイマー撮影が可能なので、まずはカメラのメニュー画面を見てくださいね。

おそらく、こんなインターバルタイマー撮影の機能なんて、一生使わないと思っていませんでしたか?

しかし、このインターバルタイマー撮影が家族写真のセルフタイマー機能として、とても便利な機能になるんです。

インターバルタイマー撮影とは?
「インターバル撮影」とは、撮影の間隔(インターバル)と撮影回数を事前に指定することで、「自動的」に「決まった間隔」で「決まった回数」の撮影を繰り返すことができる機能です。
つまり、指定した間隔で、複数枚の写真を撮影してくれるセルフタイマーなんです。

 

家族写真にインターバルタイマー撮影がおすすめ!

感の良い人なら、分かりますよね?

このインターバルタイマー撮影を、家族写真のセルフタイマー撮影として使うのです。

インターバルタイマー撮影は、撮影間隔を自分で決めることができます。

ちなみに、私のカメラは最短0.5秒間隔〜設定が可能です。

家族写真をインターバルタイマー撮影で使う場合の、おすすめ設定は・・・、

撮影間隔5秒前後、撮影時間10分くらいから始めてみるのがおすすめです。

そして、最初は家族全員、色々なポーズを決めて撮影しましょう!

途中、家族全員、変顔で撮影してみたり、色々な集合写真が撮影できると思います。

また途中からは、家族写真を撮影されていることには意識せず、自由に動いてもらいます。

特に、親子で遊ぶシーンに応用すると、思わぬ子育てのベストショットが撮影できるかもしれません。

■セルフタイマーのデメリット
比較のため、これまでのカメラ機能「セルフタイマー」のデメリットも記載しておきます。

あなたは、これまでに家族写真をセルフタイマー機能を使って撮影する際、様々なデメリットを感じていませんでしたか?

  • 家族写真の構図を決める時に、自分がいないので、構図が分からない
  • 撮影する度に、カメラのシャッターを押して、急いで家族がいる所へ戻る
  • 1枚1枚撮影するので、たくさん撮る場合は、とても面倒である

このように家族写真をセルフタイマーで撮影するのは、とても面倒で、家族にとっても苦痛な時間になってしまいます。

よって、このようなセルフタイマーでは、ベストショットが生まれにくく、面白味もない証明写真になってしまいます。

②遠隔操作のセルフタイマーで家族写真を自撮りする

家族写真をインターバルタイマー撮影というセルフタイマー機能で撮影するメリットをご紹介しました。

しかし、全部のカメラに、この機能が付いているとも限りません。

ちなみに、私のスマホ(iphoneX)の標準昨日には、インターバルタイマー撮影の機能はありません。

それでは、このような場合は、どのようにすれば良いのでしょうか?

Bluetoothリモコンを使う

スマホのBluetooth機能の繋げることができるシャッターリモコンがあるのをご存知ですか?

また一眼レフ用にもシャッターリモコンは発売されています。

シャッターリモコンのメリットは、インターバルタイマー撮影では、シャッターを切るタイミングが、自分で決めることができるので、ポーズを作りやすいです。

※インターバルタイマー撮影は、タイミングが決められませんが、そのぶん、自然な写真が撮影できると言っても良いでしょう。

 

③従来のセルフタイマーで家族写真を自撮りする

従来、お手持ちのカメラに備わっているセルフタイマーも紹介しておきます。

私のスマホ(iphoneX)もそうなのですが、セルフタイマーの撮影でも、1回の撮影で1枚撮影ではなく、連写で10枚くらい撮影してくれるセルフタイマーが増えています。

家族写真など、複数人が写る場合の集合写真は、セルフタイマーに限らず、複数枚撮影するのは鉄則です。

なぜなら、人数が多くなればなるほど、まばたきなど、タイミングが合わない人が、絶対に出てくるためです。

その為にも、家族写真などの集合写真は、枚数を多めに撮影することは、とても有効な撮影方法になるんです。

 

番外編:家族写真は出張撮影にお願いしてみる

ココまで、家族写真をセルフタイマーで撮影する3つの方法についてご紹介してきました。

特に、最初にご紹介した「インターバルタイマー撮影」は、家族の集合写真や、何気ない自然なお写真を撮るのに、とても有効な撮影機能です。

しかし、やはり家族写真を、さらに素敵に撮影したいなら、出張撮影のプロカメラマンにお願いすることをおすすめします。

出張撮影はご自宅など、あなたの希望する場所へ伺い、撮影してくれるサービスで、近年とても人気のある撮影サービスです。

もちろん写真館という選択肢もありますが、慣れ親しんだ場所などを背景として撮影する出張撮影は、あなたの家族写真を、より豊かなものにしてくれるでしょう。

>>出張撮影と写真館の違いについて、詳しくはこちらへ

500円チャリティー撮影キャンペーン

子育て支援として収益金の一部を寄付するためのキャンペーンとして、「500円チャリティーモニター撮影キャンペーン」を企画しました。子育て支援へのキッカケは、出張撮影を通し、様々なご家族と出会い、改めて子育て事情について深く考えるようになったから・・・
>>500円チャリティー撮影の詳細案内は、こちらへ

最後に

いかがでしたか?

今回は「【必見】家族写真をセルフタイマーで自撮りする3つの方法」についてご紹介しました。

素敵な家族写真をリビングなど飾ることは、風水的にもとても運気が上がる要因でもあります。

どうぞご参考くださいね。

※※※※※※※※※※※※※※※
神奈川県川崎市【武蔵小杉】の出張撮影
ふぉとカフェ sumika
代表:TSUYOSHI(市川ツヨシ)
①公式LINEアカウント:@434svrsv
②Facebookページ:https://www.facebook.com/photocafesumika/
③GMAIL:photo.cafe.sumika@gmail.com
④インスタ:https://www.instagram.com/sumika.kawasaki/
※※※※※※※※※※※※※※※

お問い合わせお待ちしています(^^;


女性男性その他


10代20代30代40代50代60代以上


本ブログを検索で見つけたFacebookインスタグラムお友達のご紹介







-撮影アイデア

Copyright© 神奈川県川崎市・武蔵小杉の出張撮影「ふぉとカフェ sumika」 , 2020 All Rights Reserved.